お客様のご希望には
できる限り寄り添いたいと
思っています。

でも、、、

機能を失う変更のご要望は
正直、悩ましい。

そんな時は、
そのデザインに込めた思いを
まずお伝えします。

例えば、これ。

下のリボンを結ぶのが
通常デザインで
それをゴム仕様に変更。

… 子どもに着けたいけど
… 動いてリボンを結べないので
… ゴムにしてほしい

わかります!

でも、ここがリボンである理由が
ちゃんとあるのです。

リボンであれば
頭のサイズに合わせて結べるので
心地よくフィットさせられます。
お子さんが大きくなっても
長く使えるということにもなります。

さらに、リボンを後ろで結んだり
上に回して結んだり、
ベルトがわりにしたり、
色々楽しめるのです。

と、お伝えした後に
「それでも」
ということであれば
私も納得して
変更をお受けできます♪

ただ、
大きい声では言いづらいのですが
この変更による
うまい縫製手順が
まだ見つかっていません。
縫うのに苦労するから
あまり希望しないで欲しいのが
本音(笑)
良い縫い方ずーっと考え中です。